電解水の効果

電解水の性質

電解水という言葉を聞いたことがある人がたくさんいますが、電解水とは、水に食塩を加えて電気分解することによって作られる水のことです。

電解水とは電気分解されているので、その性質によって強酸性電解水と強アルカリ性電解水に分けることができます。

電解水の効果はたくさんありますが、この強酸性電解水と強アルカリ性電解水によって変わってきます。

強酸性電解水には強い殺菌効果があります。殺菌処理の際には強酸性電解水が使われていることが多いです。

殺菌力と洗浄力

したがって生野菜など熱を通すことができない食品の殺菌にも使われています。こうすることで殺菌を行っても生のままで野菜を食べることができるのです。

そして強アルカリ性電解水にはタンパク質などを溶かす力があります。したがって洗浄力に優れています。どのような場所で使われるのかというと、工場で使われる金属や機械などを洗浄するときに使われます。

電解水は薬品ではないので、農業などで使われる農薬と違って作物に悪影響を与えることがありません。

様々な効果

作物の殺菌を行うときに電解水を使用すれば安心です。

また農業や工業だけではなく、医療用の洗浄剤としても電解水は使われています。

またこの他に注目されている力があります。

それは電解水が虫歯の予防や歯周病の予防に効果があると言うことが分かってきたのです。それは10秒間電解水でうがいをするだけで、虫歯菌や歯周病菌を死滅させてしまうほど優れた殺菌力があるのです。

このように電解水の効果はたくさんあり、生活の中で用途が増えていくことが予想されます。

電解水・次亜塩素酸水はファーストオーシャン

ファーストオーシャン株式会社は、無塩タイプのアルカリ電解水生成器の開発に成功しました。無塩タイプであるため様々な用途に応用が可能です。