使用方法と有効性

健康への有効性とその他の利用例

アルカリイオン水の洗浄効果や健康への有効性はいろいろなところで注目されています。

日本での販売規模は年間100億円以上であり、自然状態いわゆる天然水と呼ばれる状態でアルカリ性を示すミネラルウォーターも販売されています。

この様に日常生活に浸透しつつあるアルカリイオン。しかし、用途を理解せずに使用している場合が多く用途と有効性を理解しておく必要があります。

アルカリイオン水とは広義に飲用アルカリ性電解水の一般的な呼び方でpHが9から10の電解水のことをいいます。

医療用や、各種洗剤として

この水のうちマイナスの還元電位がマイナス200mⅤ以上のものは活性水素水と分類されることもあります。

利用される場面としては一般的に医療用としてや、各種洗剤としての効果が期待されています。

一般家庭で簡単に手に入れることのできる重曹は水に溶かすと弱アルカリイオンの水が出来ることでも知られています。

この用途としては脂質汚れや血液などの汚れが取れることから洗剤としてや、医療機関での医療器具の洗浄液としても使われています。

幅広い分野での実用化へ

また、この水には洗剤などと違い石油が使用されていないので環境にもやさしいことが注目されています。

洗浄用途以外にも歯科医院などで虫歯の原因となる歯垢やバイオフィルムや歯周病などといった口内病の原因に対して、洗口が有効とされていますが、現在、ほとんどの歯科医院では次亜塩素酸の水溶液すなわち強酸性水が使用されています。

この様にアルカリイオン水は特性や有効性は広く知られているものの実際に活用されている範囲が少ないといえます。

電解水・次亜塩素酸水はファーストオーシャン

ファーストオーシャン株式会社は、無塩タイプのアルカリ電解水生成器の開発に成功しました。無塩タイプであるため様々な用途に応用が可能です。