どんな効果があるの?

水酸化カルシウムの水溶液

現在、アルカリイオン水の販売には厚生労働省の許可が必要になっています。

そのアルカリイオン水とは一体何なのでしょうか。

作り方は、一般的な水道水を濾過した後に、カルシウム剤を加えて、電気分解をすると、陰極、いわゆるマイナス極にアルカリイオン水が発生します。

つまり、陽極には、酸性水ができます。

陰極では、水の還元が起こっているために、水酸化物イオンができます。

アルカリイオン水は、水酸化カルシウムの水溶液ということができます。

胃腸障害に効果

よく知られている効果としては、不快な胃腸症状の改善があげられます。

慢性の下痢や、食欲不振、カルシウムの補充をするために飲用する人が、過去は多数いました。

しかし、現在のように国の許可が必要でなかった頃は、多数の業者が販売をし、その手法がマルチであるとして問題になりました。

なぜ胃腸障害に効果があるかという詳細については、いまだ明確にはなっていません。様々な仮説がたてられましたが、現在も研究は続けられています。

注意点

飲用する時の注意点としては、無酸症の人や乳児は飲んではいけません。

初めは、pH値を低くしたもので体を慣らしてから、徐々にph値や、量を増やしていきます。一日あたり1リットル程が目安になります。

できるだけ、できたての状態を飲むのが一番効果があります。

電気ポットで使用すると、カルシウム成分が付着し、ポットが白くなってしまうことがあります。クエン酸や通常のポット洗浄剤でカルシウム成分はとることができます。

電解水・次亜塩素酸水はファーストオーシャン

ファーストオーシャン株式会社は、無塩タイプのアルカリ電解水生成器の開発に成功しました。無塩タイプであるため様々な用途に応用が可能です。